自分の人生自由に生きるブログ

自分の力で稼ぎ自分らしく自由に生きるための奮闘記

挑戦しちゃダメなの⁈

こんにちは。まっす〜です。

 

本日は某大手転職エージェントのキャリアコンサルタントの方と面談してきました。

 

話は弾み、約2時間ほど面談しました。具体的にどのようなことを話したのかというと…

 

①なぜ転職したいと思ったのか?

②今までの仕事で何を経験したのか?

③今後、どのようなことをやりたいのか?

④次に就職する企業に求めることは何か?(業務内容、職種、会社規模、収入など)

⑤いつまでに転職するか?

 

自分はいろんなことに挑戦したくて、一度きりの人生を1社でサラリーマンとして過ごすのではなく、波瀾万丈に有意義に過ごしたいと思ってます。

 

その中ですごく印象に残ったことがあります。

自分は転職回数が4回に自営業経験が1回あります。

正直、いろいろなことに挑戦してきました。上手くいかないことが多かったですけど、勉強になることばかりでした。

エージェント「転職回数は多いですけど、あなたを必要としてる求人は絶対あります。ただ、今の日本企業は未だ終身雇用の風潮があって挑戦することを嫌います。特に古い会社はそのような傾向が強いです。」

自分「では、ベンチャーなどの若い会社または外資系の日本法人などはどうですか?」

エージェント「海外出張の経験やTOEICも持ってるので良いと思いますよ。そのような企業のほうがまっす〜さんに合ってると思いますよ。いくつか紹介しますね。」

自分「お願いします。」

 

というふうな流れになりました。

 

自分としては、大企業や老舗企業には既に興味がなく新しいことに挑戦していくベンチャー企業に焦点を充てています。

 

でも、日本ってなんで転職回数や学歴、経歴に拘るのか?

海外では、転職なんて当たり前なのに。

アメリカでは、1人当たりの平均転職回数は約10回といいます。11社は経験してます。

お隣の韓国ですら6回ほど、つまり7社は経験。

それに対して日本は、多くて2回。

つまり3社。

これを比べても歴然の違いでしょう。

なんで日本では挑戦しステップアップする人は嫌われるのでしょう⁈

 

そんなことを嘆いていても仕方ないですね。きっと、挑戦する企業のほうが楽しいでしょうしやり甲斐もあると思います。

保守的な会社は入らないようにしましょう。

もし大手に入社しても、知名度はあるので響きや他人に自慢はできますが、仕事でステップアップしたい人は長く続かないと思います!

 

仕事はあくまで生活の手段であり、本業は「人生」です!